山梨県犬猫救助ポータル リトルキャッツ|特定非営利活動法人リトルキャッツ

健康と食事

家族の健康と食事の管理

予防医学の視点から健康管理をしよう

犬であっても猫であっても、家族の一員としてともに暮らしていくためにはペットにも人間と同様の「予防医学」という考え方をあてはめて、健康に関するスケジュール管理を細かく行っていく努力が欠かせません。半年~一年に一回の健康診断はもちろん、各種ワクチンの接種、ノミ・ダニ予防薬の投与、あるいは一般的に生後5~6か月で推奨される不妊または去勢手術…。健康管理の過程では常に専門分野においてかかりつけで相談できるような信頼できる獣医さんを見つけておくことも大切です。

年齢なども考慮し、栄養バランスを整えて

犬の食事については品種や個体によって異なりますが、人間には大丈夫でも犬にとっては危険という食べ物がネギやにんにく以外にもたくさんあります。基本的には品種を考慮したうえで良質の材料を使った専門のドライフードやモイストフードをあげてください。また、餌は温めてあげると匂いを嗅ぎつけてよく食べてくれます。栄養を無駄なく吸収できる品種に合った専門フードが大切という点では猫も同じ。ただ、子猫は成猫よりもエネルギー価の高い食事が必要になりますし、その逆に、高齢の猫は塩分やたんぱく質を控えめにするなど、年齢に応じた栄養バランスの管理にも気をくばってください。
 

間違った風説

よくある誤解その1:急激な温度変化などには要注意

寒い季節は、それぞれペットにあった防寒対策が不可欠です。特に犬は“寒さに強い”という認識だけがずいぶん先行していますが、急激な温度差や継続的な寒さは慢性疾患などを持つペットにとってはとても危険なもの。外に犬小屋がある場合は敷物を置いてあげたり、室内の犬や猫であれば自ら体温調節できるよう、暖房熱から逃げることができるようなスペースをつくってあげたりするなど、急激な温度の変化などを抑えてあげるような工夫が人間と同様大切になります。

よくある誤解その2:水分の補給とトイレはいつでもできるよう

特に冬場は水分をとる量が少なくなりますから、つい「水の交換やトイレは頻繁でなくて大丈夫?」と思ってしまいがち。でも、だからといって冷暖房をかけていることで部屋を閉め切ってしまい「トイレに行きたいのに行けない!」、あるいは飲料水が不足するといった状態を作ると膀胱炎や泌尿器系の病気、さらには不適切な排泄行動に繋がってしまいやすくなります。つねに新鮮な水が飲めるよう飲料水の交換は欠かさず、トイレにも行きたいときに行けるような状態にしておいてあげましょう。

いつでも専門家に相談できる環境が理想の環境

このほかにも、特にネット上の情報にはいくつかの誤解がまかりとおってしまっているケースが多々見受けられます。事前に本やネットなどから知識を得ることは大切でしょう。ただ、実際に飼う段階では獣医さんやブリーダーさんといった専門家の方々とよくお話しをしながら準備することが大切。何らかのトラブルが発生したときでも心強いアドバイスを求められるような環境こそ、もっとも大切なポイントになるのではないでしょうか。

 

前頁へ戻る
ページの先頭